小児科疾患2018ガイドブック

小児科疾患に対して親としてできること

子どもがまだ小さい間は、小児科疾患の脅威にいつも晒されているため、不意に襲ってくる病気や小児科とも上手に付き合っていかなければなりません。

 

子どもの元気な成長は、親やその他の家族がお子様の体調の変化に敏感に気が付き、カンを研ぎ澄ませられるかどうかにかかっています。

小児疾患に対する抵抗力を付ける

 

一生のうち、特に子どもの間になんの疾患とも無縁だという人はおそらくいないでしょう。

 

誰だって風邪くらいはひくし、持病の一つやふたつ抱えているのはよくある存在です。

 

子どもは病気を乗り越えるために免疫力を成長させていくので、どんなに健康に気を使っている親でも何らかの疾患の罹患は避けては通れない問題になります。

 

風邪一つひいただけでも親が慌てるくらいに、小さな子供の体は弱くデリケートなものですから、看護の正しい知識がなければ不安で仕方ない事と思います。

 

 

医療機関のサポートも欠かせない

 

子どもが小さい間は、小児科のかかりつけ医との信頼関係と連携が、いざというときに助けになります。
毎日子どもの基礎体温や気になる症状、脈拍数など小さなことでも記録しておくと、治療がスムーズに進められます。

 

いざ病気にかかってから焦りだす前に、万が一に備えていつでも医療機関で万全のサポートを受けるための準備を怠らないことこそが、親にできる心がけです。

 

医療の専門家でない限りは親であっても子どもの助けになれる範囲は限られていますが、小児科との橋渡しとしての役割は考えている以上に重要なものです。

 

 

小児科で戸惑わないために

 

どんな親でも子どもの時は小児科にかかった経験があると思いますが、自分たちがいざ親の立場になってみると、はじめてといってもいいほどわからない部分も沢山あるのではないでしょうか?

 

同じ病気でも子供と大人の対処法では異なるやり方が多々あるので、子どものためにわざわざ小児科という存在が必要になるのです。

 

大人と同じ対処法や治療を施すとかえって危険かもしれないので、まず小児科に相談できるように準備しておくだけで安心感が違います。

 

小児疾患で思い当たる原因がわからず、どの科を受診させるべきか迷った時でも、真っ先に小児科を選べば専門家ならではの指針を授けてくれるでしょう。

 

 

小児科も選び方が大切

 

いつでも小児科に相談したりこどもを受診させるためには、信頼して話せるかかりつけ医が在籍していて、かつすぐに通える範囲に病院が存在しているのが条件です。

 

おとなになってからは納得できるまで様々な病院を転々とする人もいますが、子どもの場合は一貫して成長具合や体質を熟知し面倒を見てくれる医師の存在が貴重になるのです。

 

また、病気で弱っている子どもを安全に連れていける病院内環境で有るかも、見落としがちなポイントなので気をつけましょう。

 

予約診療制をとっておらず長時間待たされる病院では、待っている間にどんどん具合が悪くなったり、他の患者から感染症がうつるリスクなど、小さなこどもにとって危険な要素が多々あります。

 

病室や診察室に限らず、待合室までの衛生さや快適さに配慮されているでしょうか?

 

安全に通える病院かどうかは、定期的な検診や予防接種を受けさせる際に欠かさずチェックしておくと、いざというケースでも安心して連れていけます。

 

自分の観点だけで判断するのに自信がなければ、緊急時の小児科の利用経験がある親たちの口コミがないか、調べておくと分かる場合もあります。

 

【2018年おすすめのピックアップサイト】

 

首イボおすすめのクリーム

 

クレジットカード現金化システムで現金振込

 

実際に利用した人が書いた電話占い口コミ